Ground Sunlight

Windowsで作る - PHPプログラミングの開発環境

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

IED

WSL2

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 2 / 昨日: 7
総計: 377

wsl2:install

WSL2 インストール

y2sunlight 2020-12-05

WSL2に戻る

関連記事

リンク

WSLには、WSL1とWSL2の2つの異なるバージョンがあります。WSL2をインストールする際は、まず、WSLを有効にしてWSL1を利用できる状態にしてからWSL2に更新する手順を踏みます。WSL2をインストールした後は、LINUXディストリビューションのインストールへと進んで下さい。

必要条件

現時点(2020-12-05)でWSL2を利用するには、以下の条件が必要です

  • Windows10 x64 バージョン 1903 以降、ビルド 18362 以上
  • Windows10 ARM64 バージョン 2004 以降、ビルド 19041 以上

WSLを有効にする

Power Shell を管理者権限で開きます。(作業は Power Shell で行います)

最初に Windows10 のバージョンを確認します。

winver

WSL2使用するには、必要条件で書いたように、例えば Windows10 x64 バージョン では、

  • バージョン1903 ビルド 18362 以上が必要になります

詳しくは、Microsoftのドキュメントを参照して下さい。必要条件を満たしていない場合は、Windows10を更新してバージョンを上げて下さい。

必要条件を満たしている場合は、次のコマンドを入力して下さい。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

dism コマンド、はWindowsの展開イメージの処理に使用できるコマンドです。上のコマンドは WSL(Linux 用 Windows サブシステム)を有効にします。

実行例

PS C:\> dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.18362.1139
 
イメージのバージョン: 10.0.18363.1198
 
機能を有効にしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。

これで、WSLがインストールされました。Winodwsを再起動します。


仮想マシンの機能を有効にする

再び、Power Shell を管理者権限で開きます。WSL2をインストールする前に「仮想マシンプラットフォーム」を有効にします。

次のコマンドを実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

実行例

PS C:\> dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
 
展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.18362.1139
 
イメージのバージョン: 10.0.18363.1198
 
機能を有効にしています
[==========================100.0%==========================]

実行が終わったらWinodwsを再起動します。


Linux カーネルコンポーネントの更新

Microsoftの ドキュメント から以下のパッケージをダウンロードします。

  • x64 マシン用 WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージ

ダウンロードした wsl_update_x64.msi を起動して下さい。

■ [Next]ボタンを押し画面の指示に従って下さい。

この作業は次の WSL2をデフォルトに設定 で「WSL2 を実行するには、カーネル コンポーネントの更新が必要です」とメッセージが表示された場合の対処方法だそうですが、本章では、Microsoftのドキュメント に従い、このメッセージの有無に限らず更新パッケージを適用しました。


WSL2をデフォルトに設定

管理者として実行した PowerShell から次のコマンドを実行します。

wsl --set-default-version 2

このコマンドは、新しく Linuxディストリビューションをインストールする際に、WSL2 を既定として設定します。

実行例

PS C:\> wsl --set-default-version 2
WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください


Linux ディストリビューションのインストール

本章では、WLS2でLinuxをインストールする例題として Ubuntu をインストールします。ここでインストールする Ubuntu のバージョンは以下の通りです:

  • Ubuntu 20.04 LTS

その他のLinux ディストリビューション

その他のディストリビューションは Microsoft Store から検索することができます。利用できるLinux ディストリビューションについてはMicrosoftのドキュメントも参照して下さい。

また、WLS2用のCentOSについては、GitHubで公開されています。CentOSのインストールについては本編の「WSL2 CentOS7のインストール」を参照して下さい。


Ubuntuのインストール

以下のURLにアクセスします。

[入手]ボタンを押し Microsoft Stroe に移ります。

[入手]ボタンを押して、Ubuntu 20.04 LST をインストールします。

ダウンロードが終わると、以下の画面が表示されます。

[起動]ボタンを押します。

Ubuntuのターミナルが立ち上がり以下の画面が表示されます。

準備が終了すると以下の画面に変わります。

画面の指示に従って、ユーザ名とパスワードを入力して下さい。

これで、Ubuntuの初期設定が終わりました。

lsb_release -a でUbuntuのバージョンを確認します。

$ lsb_release -a
 
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 20.04.1 LTS
Release:        20.04
Codename:       focal


Ubuntuの使用

[スタートメニュー]を開いて下さい。そこには Ubuntu のターミナルがあります。

驚きとしか言いようがありません。これまでのどの仮想マシンよりもWindowsとシームレスにLinuxが使えそうです。Ubuntu のターミナルは1つのアプリとしてWinodwsに統合されているので、他のWinodwsアプリと同様に使用することができます。勿論、複数のターミナルを起動してマルチウインドウで使用できます。

Microsoft様、恐れ入りました。


コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
wsl2/install.txt · 最終更新: 2020/12/24 09:43 by y2sunlight