Ground Sunlight

Windowsで作る - Webプログラミングの開発環境(PHP)

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 2 / 昨日: 2
総計: 23

php:7.2:ext:zmq

PHP7.2 ZeroMQのインストール

Version 7.2.22 — y2sunlight 2020-11-20

PHPに戻る

関連記事

リンク

php7.3で動作するZeroMQのWinodwsバイナリはまだ公式には公開されていません。
(2020/11/23現在)

概要

PHPには拡張モジュールというものがあります。これはPHPの機能を拡張する為のもので、PHPエクステンションとも言われています。

XAMPPではいくつかの拡張モジュールがDLLとして同封されていますが、他のリポジトリからダウンロードすることも出来ます。拡張モジュールのリポジトリとしては PECL (ピクル) が有名です。PECL は PEAR 同様に pecl コマンドを使ってインストールする方法が提供されていますが、Winodwsの場合は php.ini を編集し、手動でDLLを設置する方が一般的です。

本章では、PECL から拡張モジュールをインストールする方法を、ZeroMQを例に説明します。

ZeroMQ

ZeroMQ は、高性能の非同期メッセージングライブラリです。スペルはZMQ 、0MQとも書きます。

ZeroMQ は、TCP、プロセス内、プロセス間、マルチキャスト、WebSocketなどの様々なトランスポートで使用でき、pub/sub、request/reply、client/serverなどの一般的なメッセージング方式をサポートしいます。詳細はZeroMQのドキュメントをご覧ください。

XAMPP 7.2.22 では ZeroMQ はDLLが同封されていないので、PECL からダウンロードする必要があります。


ダウンロードと配置

PECL の ZeroMQ のダウンロードサイト( http://pecl.php.net/package/zmq/1.1.3/windows )にアクセスします。

■ [DLL List] から [7.2 Thread Safe (TS) x64]を選択し、以下のファイルをダウンロードします。

php_zmq-1.1.3-7.2-ts-vc15-x64.zip

配置

ダウンロードしたファイルを解凍します。

COPYING.LESSER.LIBZMQ
libzmq.dll
libzmq.pdb
LICENSE
LICENSE.LIBSODIUM
php_zmq.dll
php_zmq.pdb
README.md

php_zmq.dll を以下にコピーします:

{XAMPP Install-Folder}\php\ext\php_zmq.dll

libzmq.dlll を以下にコピーします:

{XAMPP Install-Folder}\php\libzmq.dlll


php.iniの編集

php.ini の中に、extensionディレクティブを使って php_zmq.dll を拡張モジュールとして追加します。extension の使い方は、本編の「PHP7.2 intlのインストール」を参照して下さい。

{XAMPP Install Folder}\php\php.ini

php.ini
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Dynamic Extensions ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 
...

;ZQM php bainding
extension=zmq

extension=zmq を書く場所はどこでも良いですが、ここでは Dynamic Extensions と書かれている場所の最後尾に追加しました。

DLLの確認

外部からダウンロードした拡張モジュールのDLLを手動でインストールする場合は、設置場所を間違えたり、依存関係のある他のモジュールが不足していたりする場合が少なくありません。従って、拡張モジュールを使用する前に、正常にロードされているか否かを確認しておきます。

php.exeのあるフォルダに移動します (ここでは D:\usr\xampp7.2.22\php とします)。deplister を使って php_zmq.dll の依存関係を確認してみます。deplister は windowsの実行モジュールの依存関係をチェックするツールで、XAMPP では php.exe と一緒に配布されています。

D:\usr\xampp7.2.22\php> deplister ext\php_zmq.dll
 
php7ts.dll,OK
libzmq.dll,OK
KERNEL32.dll,OK
VCRUNTIME140.dll,OK
api-ms-win-crt-heap-l1-1-0.dll,OK
api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll,OK

全てにOKが表示されていたら依存しているモジュールは全て揃っていることが分かります。次に、正しくロードできているか否かを php -m を使って確認します。

D:\usr\xampp7.2.22\php> php -m
 
[PHP Modules]
...
zmq
...

[PHP Modules] の中に zmq が含まれていたら正常にロードできています。

Apatchを再起動して下さい。


コード補完用スタブの設置

EclipseなどのIDEで、ZeroMQ のコード補完ができない場合は、スタブを設置して使用します。スタブは以下のURLで公開されています。

プロジェクトフォルダに以下のcomposer.jsonを設置します。既に composer.json がある場合は、マージして下さい。

composer.json
{
    "require-dev": {
        "moriony/php-zmq-stubs": "dev-master"
    }
}

コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します:

composer install --dev

Eclipseの場合は、ここで設置した {Project-Folder}/vendor/moriony/php-zmq-stubs をビルトパスに追加して下さい。


テストコード

ZeroMQのインストールが出来たので、request-reply パターンのソケットの動作テストを行ってみましょう。

サーバーは GitHub(zeromq/php-zmq) のサンプルを使用します。

simple-server.php
<?php
/*
    The server waits for messages from the client
    and echoes back the received message
*/
$server = new ZMQSocket(new ZMQContext(), ZMQ::SOCKET_REP);
$server->bind("tcp://127.0.0.1:5555");
 
/* Loop receiving and echoing back */
while ($message = $server->recv()) {
    echo "Got message: $message\n";
    /* echo back the message */
    $server->send($message);
}

ZMQSocket のコンストラクターで ソケットタイプ ZMQ::SOCKET_REP を使用している点に注意して下さい。recv() でクライアントからのメッセージを待ち、受け取ると直ぐに、同じものをエコー( send($message) )します。

クライアントは、githubの例題には適当なものがなかったので、以下のように作りました。

simple-client.php
<?php
/*
    The client sends message to the server
*/
$message = count($argv)>1 ? $argv[1] : 'Hello';
 
/* Create a socket */
$queue = new ZMQSocket(new ZMQContext(), ZMQ::SOCKET_REQ);
$queue->connect("tcp://127.0.0.1:5555");
$queue->setSockOpt (ZMQ::SOCKOPT_LINGER, 1000);
 
$queue->send($message);
echo $queue->recv();

ZMQSocket のコンストラクターで ソケットタイプ ZMQ::SOCKET_REQ を使用している点(サーバー側はZMQ::SOCKET_REPでした)に注意して下さい。起動されると直ぐに、メッセージを send() して、recv() でサーバーからのメッセージを待ちます。

ZeroMQの特徴なのですが、send() はサーバーが起動するまでリトライを続けます。

コードが出来たら、コマンドプロンプトを2つ起動し、プロジェクトフォルダに移動してクライアントを起動します。

> php simple-client.php

クライアントは、サーバーが起動しエコーバックされるのを待ちます。

別のコマンドプロンプトからサーバーを起動します。

> php simple-server.php
Got message: Hello

サーバーは、起動直後、クライアントにメッセージを返し、クライアントは終了します。

もう一度、クライアントを起動します(今度は「Hi!」と送ってみましょう)。

> php simple-client.php Hi!
Hi!

サーバーが起動済なので、エコーは直ぐに返ってきます。

request-reply パターン

request-reply パターンは、クライアントをサービスに接続します。これは、リモートプロシージャコールと同じです。同期(REQ 及び REP ソケットタイプ)と非同期ソケットタイプ(DEALER 及び ROUTER ソケットタイプ)の2つの基本的な種類があり、ここでは同期タイプを使用しています。詳しくは以下のドキュメントをご覧ください。


コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
php/7.2/ext/zmq.txt · 最終更新: 2020/11/27 15:53 by y2sunlight