Ground Sunlight

Windowsで作る - Webプログラミングの開発環境(PHP)

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 1 / 昨日: 1
総計: 39

mroonga:10.7:install

Mroonga9.12 インストール

Version 9.12 (MariaDB 10.4.12)

y2sunlight 2020-11-02

Mroonga に戻る

関連記事

前提条件

本編では、XAMPP で稼働している MariaDB を MariaDB-with-Mroonga ( Mroongaの使えるMariaDB ) に置き換える事を目的としています。以下で説明するXAMPPのバージョンは次の通りです:

  • XAMPP 7.3.15
  • MariaDB 10.4.11

また、Mroonga のインストール先は、本編のXAMPPと同じ以下のフォルダとします:

  • D:\usr\xampp7.3.15\mysql

尚、Mroonga Windows版のインストール方法については以下に掲載されています。



パッケージの入手

本編で対象としている XAMPP7.3 に同封されている MariaDB 10.4.11 と同じマイナーバージョンを持つ MariaDB-with-Mroonga をダウンロードします。ここでは、MariaDB 10.4.12(with Mroonga9.12) の Windowsバイナリを以下のサイトから入手します。

■ MariaDB 10.4.XX と同じマイナーバージョンを持つ以下のzipファイルを選択し、適当な場所にダウンロードします。

mariadb-10.4.12-with-mroonga-9.12-winx64.zip
注意
他のバージョンのXAMPPをお使いの方も同様の方法でできると思います。XAMPPに同封されているMariaDBと同じバージョンを使用する理由は、稼働中のMariaDBのmy.iniを使用したいからです。my.iniを自分で設定する場合は、お好みのバージョンのMroongaをご使用下さい。また、Mroongaの多少のマーナ―バージョンの違いは許容範囲内だと思います。


インストール

稼働中のMariaDBの停止

まず最初に、稼働中のMariaDBを停止してmysqlフォルダをリネームします。

  1. XAMPPのコントロールパネル({XAMPP-Folder}\xampp-control.exe) または Windowsの [コンピュータの管理 > サービス] を使って mysqlサービスを停止します。
  2. 稼働中のmysqlフォルダ( mysql )を mysql.org リネームします。

Mroongaの設置

  1. 先にダウンロードしたZipファイル( mariadb-10.4.12-with-mroonga-9.12-winx64.zip ) を、例えば次のフォルダに解凍します。
    D:\tmp\mariadb-10.4.12-with-mroonga-9.12-winx64
  2. 解凍したファイルをXAMPPのmysqlフォルダに設置します。
    【元】D:\tmp\mariadb-10.4.12-with-mroonga-9.12-winx64\mariadb-10.4.12-winx64
    【先】D:\usr\xampp7.3.15\mysql

my.iniの設定

XAMPP で稼働中だった MariaDB の my.ini を新しいmysqlフォルダにコピーします。

【コピー元】D:\usr\xampp7.3.15\mysql.org\bin\my.ini
【コピー先】D:\usr\xampp7.3.15\mysql\bin\my.ini

注意
Mroonga に限らず MariaDB でも現在は my.ini のサンプルファイル( my-small.iniやmy-medium.ini、my-large.iniなど ) はWindowsバイナリに同封されていません。「なぜ同封されなくなったのか?」の事情は、以下のページが参考になるかもしれません。
https://jira.mariadb.org/browse/MDEV-9882


サービスの開始

XAMPPのコントロールパネル({XAMPP-Folder}\xampp-control.exe) または Windowsの [コンピュータの管理 > サービス] を使って mysqlサービスを開始します。

注意
XAMPPの設定をそのまま利用しているので、XAMPPでインストールした時のサービスの設定が利用できます。手動でサービスを設定したい場合は、本編のXAMPP 7.2のインストール サービスの手動登録を参照して下さい。


動作確認

コマンドプロンプトを起動して、mysqlフォルダ下のbin( D:\usr\xampp7.3.15\mysql\bin )に移動して下さい。mysqlコマンドをrootユーザで起動します。

D:\> mysql -u root
version Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 15
Server version: 10.4.14-MariaDB Source distribution
 
Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.
 
Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
 
MariaDB [(none)]>

バージョンを確認します。

MariaDB [(none)]> select @@version;
+-----------------+
| @@version       |
+-----------------+
| 10.4.14-MariaDB |
+-----------------+

Mroonga がデータベースエンジンとして利用できるかを調べます。

MariaDB [(none)]> show engines;
+--------------------+---------+-------------------------------------------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
| Engine             | Support | Comment                                                                                         | Transactions | XA   | Savepoints |
+--------------------+---------+-------------------------------------------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
| CSV                | YES     | Stores tables as CSV files                                                                      | NO           | NO   | NO         |
| MRG_MyISAM         | YES     | Collection of identical MyISAM tables                                                           | NO           | NO   | NO         |
| MEMORY             | YES     | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables                                       | NO           | NO   | NO         |
| Aria               | YES     | Crash-safe tables with MyISAM heritage. Used for internal temporary tables and privilege tables | NO           | NO   | NO         |
| MyISAM             | YES     | Non-transactional engine with good performance and small data footprint                         | NO           | NO   | NO         |
| SEQUENCE           | YES     | Generated tables filled with sequential values                                                  | YES          | NO   | YES        |
| Mroonga            | YES     | CJK-ready fulltext search, column store                                                         | NO           | NO   | NO         |
| PERFORMANCE_SCHEMA | YES     | Performance Schema                                                                              | NO           | NO   | NO         |
| InnoDB             | DEFAULT | Supports transactions, row-level locking, foreign keys and encryption for tables                | YES          | YES  | YES        |
+--------------------+---------+-------------------------------------------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+


phpmyadminの利用

XAMPPで設置した phpmyadmin も MariaDB with Mroonga で使えます。但し、phpmyadmin の初期設定を置き換えた新しいデータベースにしなければなりません。

phpmyadminの起動

ローカルホストのphpmyadminにアクセスします。

http://localhost/phpmyadmin/

■ 起動後、以下のエラーが表示されます。

(!) mysqli::real_connect(): (HY000/1045): Access denied for user 'pma'@'localhost' (using password: NO)
(!) 設定ファイルに定義されている管理ユーザ(controluser)での接続に失敗しました。

phpmyadmin用のデータベースの作成

メニューの[インポート]を選択します。

■ 以下のファイルを選択し、画面下の[実行]ボタンを押します。

D:\usr\xampp7.3.15\phpMyAdmin\sql\create_tables.sql

phpmyadmin用のユーザの作成

メニューの[SQL]を選択します。

■ 以下のSQL文を入力して、[実行]ボタンを押します。

GRANT
  SELECT, INSERT, DELETE, UPDATE, ALTER
  ON `phpmyadmin`.*
  TO 'pma'@localhost;

以上で、MariaDB で Mroonga が使えるようになりました。


コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
mroonga/10.7/install.txt · 最終更新: 2020/11/08 17:08 by y2sunlight