Ground Sunlight

Windowsで作る - Webプログラミングの開発環境(PHP)

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

道具箱

フレームワーク編

REST-API構築編

Webサービス編

メタ


このページへのアクセス
今日: 1 / 昨日: 6
総計: 136

mariadb:10.4:phpmyadmin

MariaDB10.4 phpMyAdminの使い方

y2sunlight 2019-10-09

MariaDBに戻る

関連記事

以下「MySQL」は「MariaDB」に読み替えて下さい


phpMyAdmin は WebブラウザでMySQL(またはMariaDB)の管理や操作が行えるツールです。phpMyAdmin は、その名前が示しているようにPHPを使って作られており、データベースへのアクセスにはPHP 拡張モジュールのMySQLiが使用されています。phpMyAdmin はブラウザさえあれば開発環境と実行環境の両方で使えるので、是非とも使い方を覚えておきたいツールの1つです。

本編では、phpMyAdminとMariaDBに以下のバージョンを使用します。

  • phpMyAdmin 4.9.0.1 Windows版
  • MariaDB 10.4.6 Windows版

リンク

phpMyAdmin の起動

phpMyAdmin は XAMPP をインストールすると直ぐに使うことができます。ブラウザで以下のURLにアクセスして、XAMPPのダッシュボードを表示して下さい。

http://localhost/

■ 画面上部メニュー[phpMyAdmin]をクリックします。

■ phpMyAdmin の主な機能には以下のものがあります。

  • ユーザと特権の管理
  • データベースの作成と削除
  • テーブルの作成、コピー、削除、リネーム、定義の変更
  • テーブルのメンテナンス(チェック、最適化、復旧、分析)
  • キーの管理
  • SQLステートメント、バッチクエリの実行
  • テーブルデータの追加、変更、削除
  • テーブルデータのインポート(SQL/CSV/XML 形式など)
  • テーブルデータのエクスポート(SQL/CSV/XML/JSON 形式など)
  • テーブルダンプの作成と読み込み
  • データベースレイアウトの PDF 画像の作成

本編では、phpMyAdmin の設定方法とデータベースとユーザの作成方法について説明します。phpMyAdmin の全般的な使い方は以下のサイトに詳しく説明されています。

https://www.dbonline.jp/phpmyadmin/ — phpmyadminの使い方(日本語)

phpMyAdmin の設定

XAMPPでphpMyAdmin をインストールすると以下の場所に設置されます。

{XAMPP Install Folder}\phpMyAdmin\

phpMyAdmin の設定は以下のファイルで行います。

  • httpd.conf — Apacheの設定ファイル
  • php.ini — PHPの設定ファイル
  • config.inc.php — phpMyAdminの設定ファイル

httpd.conf

phpMyAdmin に関するApacheの設定は、httpd.conf からインクルードされている以下のファイル内にあります。

{XAMPP Install Folder}\apache\conf\extra\httpd-xampp.conf

ここでは、以下のようにphpMyAdmin のAlias設定がされています。

Alias /phpmyadmin "D:/usr/xampp7.2.22/phpMyAdmin/"
<Directory "D:/usr/xampp7.2.22/phpMyAdmin">
    AllowOverride AuthConfig
    Require local
    ErrorDocument 403 /error/XAMPP_FORBIDDEN.html.var
</Directory>

この辺りの設定は変更の必要はないでしょう。

php.ini

XAMPPでインストールしたPHPの設定ファイルphp.iniは以下にあります。

{XAMPP Install Folder}\php\php.ini

phpmyadmin ではPHPの拡張 mbstring と mysqli を必要とします。

extension=mbstring
extension=mysqli
extension=pdo_mysql

この辺りも変更の必要はないでしょう。

config.inc.php

phpMyAdminに関する設定はconfig.inc.phpで行います。このファイルはphpMyAdminのインストールディレクトリにあります。本編の場合は、次の場所にあります。

phpMyAdmin 設定ファイルの所在

{XAMPP Install Folder}\phpMyAdmin\config.inc.php

以下では、config.inc.php の最低必要な設定項目のみ説明します。phpMyAdminの設定方法(config.inc.php)については、phpMyAdminインストールディレクトリ下の次のHTMLドキュメントに記載されています。

ドキュメントへのリンク

http://localhost/phpmyadmin/doc/html/config.html

config.inc.php に記載されている順に主な項目について説明します。

cookie認証用のパスフレーズの設定

$cfg['blowfish_secret'] = '適当なパスフレーズ ';

この設定項目はcookie認証でパスワードを暗号化する場合に使用します。cookie認証を使用しない場合は設定する必要はありません。64文字以内の適当パスフレーズを入力して下さい。

MySQLサーバに関する設定

/*
 * Servers configuration
 */
$i = 0;
 
/*
 * First server
 */
$i++;
 
/* Authentication type and info */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = '';
$cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] = true;

phpMyAdminでは複数のMySQLサーバにアクセスする事ができます。上の設定は第1のサーバに対するものです。config.inc.phpには第2、第3 のサーバに対する設定もできますが、サーバのホスト名を設定しないと有効な設定とは見なされません。(以下の「ホスト名の設定」を参照)

auth_type は認証の種類を設定します。デフォルトは config です。

  • config — config.inc.php中にユーザ名と平文のパスワードを記述する方式
  • cookie — クッキーを使ったMySQLユーザでログインする方式
  • http — HTTP認証(基本認証)を使う方式

auth_type が config の時、user と password が使用されます。AllowNoPasswordは、パスワードなしでログインを許可するか否かを指定します。デフォルトは false です。

$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli';

MySQLにアクセスする為に使用するPHP拡張モジュールを選択します。通常は mysql または mysqliです。(mysqli の使用が推奨されています)

ホスト名の設定

/* Bind to the localhost ipv4 address and tcp */
$cfg['Servers'][$i]['host'] = '127.0.0.1';

MySQLサーバーのホスト名またはIPアドレスを指定します。ホスト名 localhost は MySQLによって特別に処理され、ソケットベースの接続プロトコルとして使用されます。TCP/IPでローカルホストを使用する場合には、127.0.0.1 (IPアドレス)を使用して下さい。

$cfg['Servers'][$i]['connect_type'] = 'tcp';

バージョン4.7.0から非推奨です。MySQLは host に基づいて接続タイプを決定するため、この設定は不要です。

変更後はApacheを再起動して下さい。

データベースの作成

phpMyAdminを起動し、[データベース]タブをクリックします。

■ データベース名と照合順序を入力し、[作成]をクリックします。

入力例

データベース名 sunlight_db
照合順序 utf8_bin

■ ここで指定する照合順序は、データベースで使用する既定の照合順序です。照合順序は検索時(SELECT句)に指定することもできます。UTF8 には良く使われる3つの照合順序があります。これらの違いは、日本語のゆらぎをどこまでカバーするのかによります。

utf8_bin バイナリ照合。大文字・小文字など区別する
utf8_general_ci 大文字・小文字を区別しない
utf8_unicode_ci ひらがな・カタカナなども区別しない

https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/charset-binary-collations.html

データベースユーザの作成

sunlight_db 上記で作成したデータベースにフルアクセスできるユーザアカウントを作成します。

■ 左のペインからデータベース(sunlight_db)を選択し、[特権]タブをクリックします。
■ [ユーザアカウントを追加する]をクリックします。

■ 必要なデータ情報を入力し、画面一番下の[実行]をクリックします。

入力例

ユーザ名 テキスト入力項目の値を利用する: sunlight
ホスト名 ローカル localhost
パスワード テキスト入力項目の値を利用する: パスワードを入力します
再入力 パスワードを再入力します
認証プラグイン ネイティブMySQL認証
特権の付与 データベースへの全ての特権を与える

■ 同じユーザでローカルホストからだけでなく、LAN内の他のホストからアクセスしたい場合は、ホスト名だけを「全てのホスト(%)」に変えて、もう一度同じユーザに特権を与えます。

ホスト名 すべてのホスト %

データベースユーザを作成すると、[特権]タブの一覧にそのユーザが表示されます。

mariadb/10.4/phpmyadmin.txt · 最終更新: 2019/10/30 11:24 by y2sunlight