Ground Sunlight

Windowsで作る - Webプログラミングの開発環境(PHP)

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 4 / 昨日: 0
総計: 498

eclipse:2019-12

Eclipse 2019-12のインストールと設定

Version 4.14

y2sunlight 2020-03-05

Eclipse に戻る

関連記事

インストールするEclipse

  • Eclipse 2019-12 — PHP Windows 64bit版

Eclipseの入手

https://mergedoc.osdn.jp/ にアクセスします。

■ [Eclipse 2019-12]をクリックします。

■ Windows 64bit/Full Edition PHPの[Download]を押します。

■ リンクをクリックし、pleiades-2019-12-php-win-64bit-jre_20200213.zip をダウンロードします。

ダウンロードしたファイル(pleiades-2019-12-php-win-64bit-jre_20200213.zip)を、解凍します。
本編では解凍したファイル(eclipseのみ)を以下に設置します。
【元】pleiades-2019-12-php-win-64bit-jre_20200213\pleiades\eclipse\*.*
【先】D:\usr\eclipse2019-12-php\*.*

解凍後のフォルダ内にある「xampp」は使用しません。
XAMPP 7.3のインストールでインストールしたXAMPPを使用します。


Xdebugのインストール

Xdebugのダウンロード

Eclipseを起動する前に、デバック環境を整えておきます。本編ではデバッガーとしてXdebugを使います。

まずは、ダウンロードすべき開発環境に応じたXdebugのバージョンを調べます。先にXAMPPでインストールしたPHPの情報を取得しておきます。コマンドプロンプトでphpinfoを出力しファイルに保存します。

{XAMPP Install Folder}\php>php -i > php.info.txt

以下のURLにアクセスします。

https://xdebug.org/wizard

■ 上で保存したファイル(php.info.txt)の中身をテキストボックスにコピー&ペーストします。
■ [Analyse my phpinfo() output]を押すと、ダウンロードするファイル名と設置方法が表示されます。

■ リンク( php_xdebug-2.9.2-7.3-vc15-x86_64.dll )をクリックし、ダウンロードします。

https://xdebug.org/download からダウンロードすることも出来ます。

Xdebugの設置

ダウンロードしたファイル(hp_xdebug-2.9.2-7.3-vc15-x86_64.dll)を、以下フォルダにコピーします。

{XAMPP Install Folder}\php\ext

次にphp.iniの末尾に以下の内容を追加して下さい。

{XAMPP Install Folder}\php\php.ini

[xdebug]
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_host="localhost"
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_handler="dbgp"
xdebug.remote_autostart=0
zend_extension = D:\usr\xampp7.3.15\php\ext\php_xdebug-2.9.2-7.3-vc15-x86_64.dll

※ デバッグセッションを自動スタートする場合は、xdebug.remote_autostartを1に設定します。

最後に、Apacheを再起動します。


ワークスペースの作成

本編では、ワークスペースを以下に作成します。

D:\usr\ws2019


Apacheの設定

httpd.confの編集

httpd.confの末尾に以下の内容を追加します。

{XAMPP Install Folder}\apache\conf\httpd.conf

# My project settings
Include conf/my-extra/*.conf

新しく、以下のフォルダを作成し、

{XAMPP Install Folder}\apache\conf\my-extra

その中に以下の内容で、ファイル(ws2019.conf)を作成します。

ws2019.conf
Alias /ws2019 "D:/usr/ws2019"
<Directory "D:/usr/ws2019">
  Options All
  AllowOverride All
  Require all granted
</Directory>

Apacheを再起動します。

動作確認

に作成したワークスペースに、以下のファイルを作成します。

phpinfo.php
<?php phpinfo();

ブラウザから以下にアクセスし、phpinfoが表示されれば、動作OKです。

http://localhost/ws2019/phpinfo.php


ワークスペースの設定

ワークスペースの選択

Eclipseを起動します。

{Eclipse Install Folder}\eclipse.exe)



に作成したワークスペースを指定します。
■「この選択をデフォルトとして使用し、今後この質問を表示しない」をチェックします。
■ [起動]をクリックします。
■ [Eclipseへようこそ]のタブを閉じると、以下の画面になります。


ワークスペースの設定

プロジェクトを作成する前に、ワークスペース全体の設定を行います。

メインメニューの[ウィンドウ]-[設定]ウィンドウを開きます。


以下を設定します。

[一般]

  • [Web ブラウザー]
    • [外部Web ブラウザーを使用]
    • [Chrome]
  • [ワークスペース]
    • [テキスト・ファイル・エンコード][その他][UTF-8]
    • [新規テキスト・ファイルの行区切り文字][その他][UNIX]
  • [エディター]
    • [テキスト・エディター]
      • [行番号の表示][ON]
      • [空白文字を表示][ON]
  • [ワークスペース]
    • [ビルド]
      • [自動的にビルド][OFF]

[PHP]

  • [インストール済みのPHP]
    • [追加..]
      • [名前] PHP 7.3.15 (CLI)
      • [実行可能ファイル・パス] D:\usr\xampp7.3.15\php\php.exe
      • [PHP ini ファイル] D:\usr\xampp7.3.15\php\php.ini
      • [SAPIタイプ] CLI
      • [次へ]
        • [デバッガー] Xdebug
        • [接続設定][ポート] 9000
        • [完了]
  • [サーバー]
    • [Default PHP Web Server(ワークスペース・デフォルト)]
      • [編集]
        • [デバッガ―]
          • [デバッガ―] XDebug
          • [接続設定][ポート] 9000
          • [完了]
  • [デバッグ]
    • [PHPサーバー] Default PHP Web Server
    • [PHP実行可能ファイル] PHP 7.3.15 (CLI)
    • [デバッグ転送エンコード] UTF-8
    • [デバッグ出力エンコード] UTF-8
    • [最初の行でブレーク][OFF]


プロジェクトの作成

メインメニュー[ファイル][新規][PHPプロジェクト]を選択します。


■ ここではプロジェクト名に[project1]を指定します。
■ [完了]ボタンを押して下さい。



プロジェクト・エクスプローラーの設定

デフォルトのままではプロジェクト・エクスプローラーが使いにくいので少しカスタマイズします。

プロジェクト・エクスプローラー右上のアイコンをクリックし[フィルターおよびカスタマイズ(F)…]を選択して下さい。

隠しファイル(.*)の表示


■ [プリセット・フィルター]タグで、[.* リソース]のチェックを外します。

ファイルのフルパス表示を解除


■ [コンテンツ]タグで、[Zipアーカイブ]のチェックを外します。

[Zipアーカイブ]のチェックを外しますとなぜフルパス表示が解除されるのかは不明。兎に角、フルパスは使い難い!!


デフォルト・ベースURLの設定

プロジェクト・エクスプローラ内の[project1]を選択して右クリックし、[プロパティ]を選択します。


[php]

  • [デバッグ]
    • [プロジェクト固有の設定を可能にする][ON]
    • [デフォルト・ベースURL] /ws2019/project1


プログラムの作成と実行

プロジェクト・エクスプローラ内の[project1]を選択して右クリックし、[新規][PHPファイル]を選択します。


■ ここではファイル名に[hello.php]を指定します。
■ [完了]ボタンを押して下さい。

hello.php に以下の内容を入力します。

hello.php
<?php
echo 'Hello World!';

プログラムの実行

プロジェクト・エクスプローラ内の[hello.php]を選択して右クリックし、[実行][PHP Webアプリケーション]を選択します。


■ 起動URLを確認し[OK]ボタンを押して下さい。尚、ここで初期表示されているURLは上のデフォルト・ベースURLの設定に基づいています。必要に応じて変更できます。
■ ブラウザに「Hello World!」の文字が出ればOKです。
■ 同じPHPを起動する場合、このダイアログは最初のみ表示されます。

プログラムのデバッグ


■ hello.php内の「echo 'Hello World!'」の行にブレークポイントを設定します。
■ プロジェクト・エクスプローラ内の[hello.php]を選択して右クリックし、[デバッグ][PHP Webアプリケーション]を選択します。


■ 初回のデバッグでは、ブレーク後に上のダイアログが表示されます。[常にこの設定を使用する]をチェックして[切り替え]を押します。
■ 上で設定したブレークポイントに正しくブレークすればOKです。

一度デバッグで実行するとデバッグセッションが開始されるので、以降はプログラムの実行と同じ方法でデバッグができます。デバッグを中止したい場合は、メインメニューの[実行][終了]を選択して下さい。

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
eclipse/2019-12.txt · 最終更新: 2020/11/19 17:20 by y2sunlight