Ground Sunlight

Windowsで作る - PHPプログラミングの開発環境

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

メインメニュー

XAMPP アレンジ

IED

WSL2

道具箱

リポジトリ編

フレームワーク編

公開ソフトウェア

メタ
リンク


このページへのアクセス
今日: 1 / 昨日: 2
総計: 107

cloud9:aws:signup
編集中

AWS Cloud9 サインアップ

AWS Cloud9

y2sunlight 2021-07-04

Cloud9 に戻る

AWS Cloud9 はAWS(​Amazon Web Services) 内のクラウドコンピューティングサービスの1つです。これを利用するためには、AWSへのサインアップが必要になります。

AWS Cloud9 の魅力は何といっても、リモートでの開発資源の共有です。これを使用する事によって、開発リソースをGitHubなどのリソースから取得し、チーム内でのペアプログラミングが実現できます。共同開発者同士がコーティングをリアルタイムで確認し合い、Cloud9内のチャットを使ってディスカッションができます。また、AWS Cloud9 は、プログラミングの学習環境としても利用価値が高く、ブラウザさえあればどこからでもアクセスでき、経験者や担当講師からの助言や指導を容易に受けることが出来ます。

AWS Cloud9 を利用するにあたって気になる点は、料金です。個人的な学習環境として利用する場合は、できれば料金を最小限に抑えたい所です。AWS Cloud9 自体に対しては追加の料金は発生しません。但し、当然のことですが、プログラミング環境を作るには、仮想マシンが必要になり、AWSのEC2(Amazon Elastic Compute Cloud)サービスが必要となります。AWS EC2の料金設定は重量制で、個人的な学習目的な場合、非常に安価で利用できます。恐らく、月額(週10時間程度の場合)で缶珈琲一杯分くらいではないでしょうか。興味のある方は こちら に詳しく書かれている方がありましたのでご覧下さい。

尚、AWS EC2では、契約後の最初の1年には無料枠が設定されています。無料枠に該当する t2.micro インスタンスなどを使用して仮想マシンを作ることによって、最初の1年間は無料でAWS Cloud9を使用することができます。ただ、この無料枠をAWS Cloud9の利用だけで使うのはもったいないので、これを機会にAWS の様々なサービスを試して見られることをお薦めします。

リンク


AWS へのサインアップ

https://aws.amazon.com/jp/cloud9/ にアクセスします。


コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
 
cloud9/aws/signup.txt · 最終更新: 2021/07/04 17:45 by y2sunlight