2005-05-21

Windows版パッケージの入手

本編でインストールするパッケージは「MySQL 4.1.10a Windows版」です。 MySQL ABのサイト(http://www.mysql.com/)内のダウンロードページ(http://dev.mysql.com/downloads/)にアクセスします。

download01.gif
download02.gif

「MySQL database server & standard clients」中の[MySQL 4.1]をクリックすると「MySQL 4.1 のダウンロード」ページが表示されます。

download03.gif

複数のWindows用のパッケージがありますが、ここでは「Windows (X86)」をダウンロードします。[Pick a mirror]をクリックするとミラーサイトの選択画面が表示されます。

「Windows Essentials (X86)」は、Windows用に最適化されたMySQLサーババイナリ、コマンドラインツール、C言語による開発用ファイル(デバッグ情報なし)だけを含むパッケージ(MSIファイル)です。標準的なセットアップで必要なものだけを含んでいるので従来のパッケージに比べて容量が少ないのが特徴です。MySQLのドキュメントもダウンロードしたい場合は「Windows (X86)」の方を選択して下さい。

download04.gif

ダウンロードの前に簡単なアンケートがあります。必要に応じて入力して下さい。入力しなくてもダウンロードには差し支えありません。直ぐにダウンロードしたい場合は画面をスクロールしてミラーサイトを選択します。 沢山のミラーサイトがありますが、お好みに合わせて選んで下さい。ここでダウンロードしたファイルは

mysql-4.1.10a-win32.zip

です。

同様にして、ダウンロードページ(http://dev.mysql.com/downloads/)からMySQLの2つのGUIクライアントツール(MySQL Administrator,MySQL Query Browser)をダウンロードできます。

download06.gif

ダウンロードファイルは

mysql-administrator-1.0.19-win.msi
mysql-query-browser-1.1.6-win.msi

です。

インストールの前に

MySQL 4.1 Windows版では、既定のインストールフォルダがC:\Program Files\MySQL\MySQL Server 4.1 になっています。本編でも既定のインストールフォルダにMySQLをインストールしますが、コマンドプロンプトからの使用や、空白を含んだファイル名に伴う問題の発生が予想されます。これらの問題を事前に回避する為に、C:\mysql などにインストールする事もできます。



最終更新のRSS Last-modified: Sat, 21 May 2005 11:06:53 JST (4567d)