2005-05-20

ツール編 画像編集

GIMP for Windows Ver 1.2.5

入手先

http://hp.vector.co.jp/authors/VA025935/

用途

画像(バナー、ボタン)の作成

コメント

基本的にコンテンツは全てテキストとスクリーンショットで十分と思っていましたが、最近、少し色気づいてバナーやロゴも作りたいと思っています。CG未経験者から初心者になろうと決意したのです。敷居は極めて高いように思います。しかし、この際、CGの基本くらいはマスターしたいと思い、いろいろフリーのソフトを調査した結果、本格的なCGソフトであるGIMPに辿り着きました。専門家に言わせれば、GIMPはPhotoshop 級だそうです。

GIMPはUNIX界では有名で、名前くらいは以前から知っていました。GIMPはGPLで配布されるフリーなグラフィックソフトです。Windowsに移植した版もあり、ただ今、インストールして勉強中です。GIMPのWindows版は開発途上であるため動作が不安定らしいのですが、今のところ致命的な問題は起こっていません。これからも上手く付き合っていけそうです。

バナーやボタンを作るのにGIMPから入るのはいささか無謀かもしれません。GIMPの使い方以前に、CG用語が分からないので、そこから勉強中です。以下のリンクはGIMPのお勉強で参考にしたサイトです。

GIMPについての性能的なコメントは、多分私には無理です。でも、素人目には「十分に良い仕上がりのソフト」で、「CGの基本を知ればなんとか使えそう」と思っています。

尚、国産のフリーソフトではPixiaと言うのがあります。一度、インストールして使った見ましたが、素人にはGIMP以上に操作が難解でした。GIMPでまともにバナーが作れるようになってから、もう一度使って見たいと思います。Pixiaは以下から入手できます。

Pixia:http://homepage2.nifty.com/~maru_tacmi/

JTrim ver.1.42

入手先

http://www.woodybells.com/

用途

画像の加工

コメント

初心者にも簡単に使えるレタッチソフトです。[WinShot]と同じ作者だったのに驚きました。デジカメから取り込んだ画像を手軽に加工するなど敷居の高いGIMPの前処理に便利。

設計書やマニュアルを作成する時、スクリーンショット画像の切り取り、サイズ変更や減色にも利用しています。

Dibas32 Ver.1.04

入手先

公式な入手先が分かりません。Vectorで検索して下さい

用途

画像の減色

コメント

フリーの減色ツールとしてはPadieが有名らしく、探して見ましたが、作成年代が古く(多分95/98用)、手元のWindowsXPで上手く動きませんでした。また、その後継のXPadie Proは、現在配布が中止されています。これに代わるフリーソフトとしてGVを見つけましたが、GIF/JPEGの保存をサポートしておらず、結局Dibas32に辿り着いた次第です。

Padie/Dibas32は作成年代が古く、絶版状態です。XPadie Proの復活を願うか、GVに頑張って頂きたい次第です。



最終更新のRSS Last-modified: Sat, 21 May 2005 08:31:21 JST (4567d)