2007/5/25 金曜日

net2ftp設定編

Filed under: WEB2.0, リッチクライアント — kenta @ 13:42:02

前回は機能についての記事を掲載しましたが、今回は設定編です。
net2ftpの設定はLinuxのようにファイルの内容を変更することにより行います。

設定ファイルは/files_to_uploadに格納されていて、ここには

・settings.inc.php
・settings_authorizations.inc.php
・settings_screens.inc.php

の三つの設定ファイルが格納されています。

これらのファイルには多くの設定項目が存在しますが、今回は
最低限の設定について記述したいと思います。

 

setting.inc.php

このファイルでは基本的な設定を行うことが出来ます。

default_language :規定の言語設定
default_skin        :Skinの設定
admin_username :net2ftpの管理者
admin_password :管理者パスワード

default_languageとdefault_skinは次のように設定しておくと、
ログイン時の表示言語が日本語、SkinがBlueに設定されます。

$net2ftp_settings[”default_language”] = “ja”;
$net2ftp_settings[”default_skin”]     = “blue”;

また、admin_usernameとadmin_passwordを設定することにより
net2ftpの管理者画面を使用することが出来ます。

 

settings_authorizations.inc.php

各種権限の設定を行うことが出来ます。

allowed_ftpservers     :接続を許可するFTPサーバ(配列)
banned_ftpservers     :接続を拒否するFTPサーバ(配列)
banned_addresses     :net2ftpへの接続を拒否するIPアドレス
allowed_ftpserverport :FTPへ接続する際に許可するポート

 

settings_screens.inc.php

個々の機能について有効/無効の設定を行うことが出来ます。

functionuse_jupload     :Javaアップロード yes/no
functionuse_install       :インストール yes/no
functionuse_advanced  :拡張機能 yes/no
functionuse_findstring  :検索 yes/no

これらの機能は、使う機会があまり無いので、無効に設定しています。

以上で、net2ftp設定編は終わりです。

 

おまけ
 

以下の行為は実験的なものなので全て自己責任で行ってください。

net2ftpでは、ファイル編集を行う際に使用できるエディタは、
対象ファイルの拡張子によって限定されています。
(hoge.txtではNormaltextareaしか使えない)

しかし、txtファイルでもFCKEditorを使いたい場合があるかもしれません。

そんな時は、/files_to_upload/plugins/plugins.inc.phpを
次のように変更してみてください。

 

変更前

変更前

変更後

変更後

 

赤線で囲われてい部分が変更箇所です。
これで.txtファイルでもFCKEditorを使うことが出来ます。

 

2007/5/23 水曜日

net2ftp機能編

Filed under: WEB2.0, リッチクライアント — kenta @ 16:37:06

前回(net2ftpインストール編)に続いてnet2ftpの機能について調べてみました。

(1)アップロード

Upload
通常のアップロードに加え、指定したZIPファイルを解凍、
アップロードすることが可能

(2)コピー

コピー
同一サーバ内、FTP->FTP間でファイル・ディレクトリのコピーが可能

(3)移動

移動
同一サーバ内、FTP->FTP間でファイル・ディレクトリの移動が可能

(4)削除

一般的なFTPと同様なので省略

(5)名前の変更

一般的なFTPと同様なので省略

(6)許可情報の変更

許可情報
ファイル・ディレクトリに対してのセキュリティ設定。
Owner,Gourp,EveryoneそれぞれにRead,Write,Execute
を設定可能。

(7)ダウンロード

ダウンロード対象のファイル・フォルダは自動的にZIP圧縮される。

(8)圧縮

Zip
サーバ上のファイル・ディレクトリをZIP圧縮。
また、ZIP圧縮したファイルをメールに添付して送ることも可能

(9)解凍

UnZip

サーバ上のZIPファイルを解凍。

(10)検索

検索

ファイル・ディレクトリに対して文字列検索を行うことが出来る。
ファイル名にはワイルドカード(*)が使用可能。
ただし、サーバへの負荷が大きいので使用頻度は少ないかも・・・

(11)編集

編集
FTPサーバ上のファイルを直接編集することが出来る。
文字コード、改行文字の変換を行うことも出来ます。

また、編集にはNormalエディタに加え、
FCKEditor,TinyMCE,CodePress等が使用できます。
(ファイルの拡張子によって選択できるエディタが異なります。)

と、機能についてはこのような感じです。

感想

痒い所に手が届くという言葉が実感できるようなツールでした。
ただ、導入するのに手間がかかるのが難点ですが・・

net2ftpの詳細な設定についても近いうちに試してみたいと思います。

2007/5/22 火曜日

net2ftpインストール編

Filed under: WEB2.0, リッチクライアント — kenta @ 17:45:38

一部の人々の間で話題になっているnet2ftpをインストールしてみました。

1.net2ftpの入手

net2ftpは http://www.net2ftp.com/ からダウンロード出来ます。

リンク先では過去のバージョンがいくつかダウンロード出来るようですが、

今回は最新バージョンであるv0.95のインストールを行ってみます。

2.設置

ダウンロードしたファイルを解凍したところ、以下のような構成になっていました。

/files_to_upload
/integration_in_other_PHP_applications
CHANGES.txt
create_table.sql
CREDITS.txt
INSTALL.txt
LICENSE.txt
TODO.txt

今回は/files_to_uploadのみをサーバにアップロードします。

(アップロードの前にフォルダ名を分かりやすい名前/net2ftpへ変更)

net2ftp/index.htmlにアクセス

ログイン画面
ログイン画面が表示されていれば設置完了です。

3.ログイン

無事設置できたところで、ログインを行ってみました。

ログイン画面_説明
(1)接続先のFTPサーバを指定します。

(2)ユーザ名を入力します。

(3)パスワード入力をします。

(4)初期ディレクトリを指定します。空欄でも特に問題はありません。

(5)表示する言語を指定します。

(6)Skin(見た目)を選択します。Skinには以下のものがあります。

Blue : ディレクトリ、ファイルがリスト表示されます。
India : ディレクトリ、ファイルがアイコンで表示されます。
Mobile: Mobile機器用のレイアウトで表示されます。

(7)FTPのモードを選択します。今回はBinaryを選択します。

(8)各種チェックボックスです。

Anonymous : FTPへ匿名での接続を行います。
Passive mode : パッシブモードでの接続に切り替えます。
SSL : SSL通信を使用します。

以上の項目を入力し、ログインを行います。

メイン画面
ログインに成功しました!

net2ftpの機能については次回に報告したいと思います。

2007/5/11 金曜日

SQL Server 2005 Express を使って見た

Filed under: ASP.NET — y2sunlight @ 20:23:19

SQL Server 2005 Express を使って見ました。VS.NET 2005に付属していたものです。SQL Server 2005 Express は無償データベースです。UIとしては

sqlcmdコマンド

が同封されていますが、面倒です。やっぱりGUIの方が・・・。ありました。

Microsoft SQL Server Management Studio Express(SSMSE)

最近のMicrosoftは親切ですね。SSMSEは、次のMSのサイトからダウンロードできます。

SSMSEは、

にも付属しているようです。

2007/5/2 水曜日

IISでASP.NETが動かない

Filed under: ASP.NET — y2sunlight @ 16:22:46

VS.NETも無事にインストールでき、ASP.NETのお勉強も順調なので、試しにIISでASP.NETを動かして見たくなりました。

でも、ちょっと問題が。私のマシンには、既にApacheが2つ動いているのです。もともとIISは対象外だってのです。これが問題の種になりました。と言うのは、VS.NETの後にIISをインストールしたのでIISに対するVS.NETの設定が出来たいなかったのです。結果、ASP.NETは動きませんでした

何とかせねば・・・。ほどなくして、おまじないを発見。

C:\> cd {WINDOWS}\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727
C:\> aspnet_regiis -i

これで、ASP.NETをIISに登録できました。aspnet_regiis は、「ASP.NET IIS登録ツール」と呼ばれているコマンドのようです。詳細は以下を参照して下さい。

 

久々のWindows - ASP.NET

Filed under: ASP.NET — y2sunlight @ 8:26:28

5月から久々にWindowsでWeb系の仕事をする事になりました。ASP.NETです。

以前に、4年間ほどASPの経験がありますが、2005年以来、全くさわっれいませんでした。その間、ASPはどのような変化を遂げたのでしょうか?興味津々です。

とりあえず、「Visual Studio .NET 2005」のフルインストールしてみました。でも、調べて見ると、最近は、Express Edition なるものがMicrosoftからリリースされており、無償でWeb開発ができるとのこと、Web開発には、

  • Visual Web Developer 2005 Express Edition 日本語版 

が用意されており、以下のページからダウンロードできます。

Visual Web Developer 2005 Express Edition は、VB、C#、J#を使用して、ASP.NET でWeb アプリケーションが開発できます。

本当に良い時代になりました。プログラミングで必要なものはほとんど無償で手に入ります。これもひとえにGPLを代表とする秀作フリーソフトウェアが世に出回っているおかげです。もはや、個人のプログラミングを妨げる要素は何もありません。

2007/3/9 金曜日

EclipseでPHPを使って見よう! その3

Filed under: PHP — y2sunlight @ 8:47:28

さて、いよいよ、EclipseでPHP環境の導入を行う訳ですが、いくつか候補があります。

  1. koebi — http://www.koebi.net/
  2. PHPEclipse — http://www.phpeclipse.de/
  3. PHP IDE — http://www.zend.com/pdt

ざーと調査したところ、最終的にはZend社のPHP IDEになりそうですが、メモ帳派の私としては、まずは手軽な「小海老」を導入して見ようと思います。

4.koebiのインストール

 koebiサイトからダウンロード以下の製品をダウンロードします。

  • http://www.koebi.net/
    KoebiStudio Express Edition インストーラ日本語版 ver 2.0.1
    (KoebiStudioExpressInstaller_2.0.1_ja.exe)

 KoebiStudio Express Edition とはEclipse3.2に以下の機能を持った各種プラグインをインクルードしたものです。プラグインは全てkoebiの開発したものです。(すごーい!)

  • HTML editor
  • PHP開発支援
  • FTP

ダウンロードした後は、インストーラ(KoebiStudioExpressInstaller_2.0.1_ja.exe)を起動するだけです。 (簡単だ! でもJRE環境はEclipseと同様に設置して下さいね)

phpパーサの設置

koebiにphpパーサを設置するとコード編集中に文法エラーを表示してくれるので便利です。パーサの登録は[ウィンドウ][設定][koebi][PHP][PHPインタプリター]から行います。私の環境では、PHPのCGIと設定ファイルが次の場所にあるので、それを設定しました。

C:\php5\php-cgi.exe
C:\php5\php.ini

phpパーサの登録後、各プロジェクトの[プロパティ][PHPインタプリター]でPHPパーサを使えるようにします。(詳しくはkoebiのマニュアルを見てね)

試した感想

私の好きなsakuraエディタにFTPを付けたような感じでした。慣れるまで時間がかかりそうですが、プロジェクト管理もできますし、phpパーサを設置すれば、事前に文法チェックができるので便利だと思います。また、入力補間機能は「便利だ!」と思いました。

唯一の不満はPHPエディタで、スマートインデントが解除できない点です。解除方法を知っておられる方はご一報下さい。

参考にしたサイト

ちょっとメモです

2007/3/7 水曜日

EclipseでPHPを使って見よう! その2

Filed under: PHP — y2sunlight @ 9:57:45

さて、Eclipseの日本語化です。

3.Eclipseの日本語化 

eclipseのサイトからdownloadsのページに行く:

日本語パックを物色すると[All Versions]の中にありました:

  • 3.2.1_Language_Packs
    NLpack1-eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip

これをダウンロードして、以下のように設置します:

  • 解凍
  • eclipse下のfeaturesとpluginsを本体のeclipseに上書きコピー

結構簡単です。eclipseを起動すると確かに日本語化されています。 次回は、PHPアドオンです。

参考にしたサイト

2007/3/6 火曜日

EclipseでPHPを使って見よう! その1

Filed under: PHP — y2sunlight @ 10:26:44

ご無沙汰してます。本当に久々の投稿です。私ごとですが、事務所の設立やら確定申告やらで、ほとんどサイトの面倒が・・・でした。どんな些細な事でも毎日書こうと、思っているのですが、技術情報をテーマにしているので、なかなかそうもいかないジレンマがあります。

さて、今後、EclipseでPHPを使って見ようと思ってます。前から、KoebiStudio や All-In-One Project なるものも気になっているのですが、ここは、本家のEclipseから試してみます。

Eclipseを試す環境は以下の通りです。

  • Windows XP Pro. 
  • Apache 2.0.55
  • PHP 5.0.4
  • MySQL 4.1.15

Apache/PHP/MySQLは既にインストールできているものとします。このあたりの事はGroud-Sunlightを参照して下さい。

1.Java2SDKのインストール

eclipseはjavaを使っているので、まずは、Javaをインストールします。現時点の最新版はJDK6ですが、1つ前のバージョンを使う事にします。

ダウンロードしたexeを実行した後、環境変数にJavaのパス(PATH)を追加します:

C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_11\bin

余談ですが、私のパソコンにはOracleがインストールされています。OracleはJre1.3を使っていました、これが原因で1時間悩みました。「なぜ、Eclipseが動かないのだろう」Oracleが使っているJre1.3のパスが環境変数に入っていたのです。

尚、Javaはjkdである必要はなく、ランタイム環境だけでもよいです。(javaでの開発を予定されていない人はこちらの方がお勧めです)その場合、環境変数(PATH)は以下のようになります: 

C:\Program Files\Java\jre1.5.0_11\bin 

参考にしたサイト

 

2.Eclipseのインストール

以下のサイトからとりあえずEclipseをダウンロードしてインストールして見た。

  • http://www.eclipse.org/downloads/
    Eclipse SDK 3.2.2, Windows(eclipse-SDK-3.2.2-win32.zip)
    Eclipse SDK 3.2.1, Windows(eclipse-SDK-3.2.1-win32.zip)
    →日本語パックに合わせてバージョンを変更

ダウンロードファイルはzipなので、とりあえず、展開し、

C:\eclipse

に設置しました。readme/readme_eclipse.html を見るとこれ以上特に必要なさそうなので、起動してみると、動いた。まずはぱちぱちぱち//。次の課題は日本語化です。

 

2006/12/20 水曜日

XSASを使って見た

Filed under: WAMP — y2sunlight @ 8:39:31

はやり、気になり、XSASを使って見ました。

感想は、「インストールが凄く簡単!」。そして、「もち運びも凄く簡単!」でした。XSASなら、USBメモリに入れて持ち運び、即デモ可能です。

WAMPの一括インストールパッケージの本命は、やはり、XAMPPですが、XSASも、捨てがたい手軽さがあります。結論として、両者の併用を考えるのが良いかと。

しかし、XSASに含まれるAMPPのバージョンが古いのが、少し気になります。XOOPSを安定的に作動させるにはしかたがないのかも。(少し、残念)

XSASのについて、詳しくは、ground-sunlightを見て下さい。 

追伸)メーリークリスマス!我が家でも、リースを作りました。クリスマス2006

2006/12/12 火曜日

WAMPの一括インストールパッケージを試してみようかな

Filed under: CMS, WAMP — y2sunlight @ 8:49:20

私的には、一括インストールは好きでありません。「一括」なので、「何」が「どこ」に「どう」設置されるのか、パッケージ任せで、後からカスタマイズする手間を考えると、1つ1つの製品を手動で設置する方が結局早い事が多いからです。

でも、巷で便利と言われているものを使ってみるのも一興と思い、調べてみました。有名どころは次の2つでした。

XSAS

  • Apache 2.0.49
  • PHP 4.3.6 (mbstring/GD2 extenstion)
  • MySQL 4.0.18
  • ActivePerl 5.8.0.809

 この構成は、やはりxoops用ですね。これはパスかな。

XAMPP

  • Apache 2.2.3
  • MySQL 5.0.27
  • PHP 5.2.0 + 4.4.4 + PEAR + Switch
  • MiniPerl 5.8.7
  • Openssl 0.9.8d
  • PHPMyAdmin 2.9.1.1
  • XAMPP Control Panel 2.3
  • Webalizer 2.01-10
  • Mercury Mail Transport System für Win32 und NetWare Systems v4.01a
  • FileZilla FTP Server 0.9.20
  • SQLite 2.8.15
  • ADODB 4.93
  • Zend Optimizer 3.0.2
  • XAMPP Security. For Windows 98, 2000, XP

と、ここまでが基本パッケージで、

XAMPPアドオン

  • Perl 5.8.7-2.2.2
  • Tomcat 5.5.17

もあります。なんとも凄いラインナップです。最新のバージョンなので、いろいろ問題ありそうですが、なんとかなる範囲でしょう。でも、これって、Ground-Sunlightねたなので、設置のレビューはそちらで公開します。

次のページ »

HTML convert time: 0.149 sec. Powered by WordPress ME