2005-05-21

MySQL Windows版の使い方

Windowsサービス

[マイコンピュータ][管理]から[サービス]を開いて見るとMySQLサービスが見つかります。

service.gif

MySQLサービスの開始/停止は他のサービスと同様にここでできますが、本章で説明する「MySQL System Tray Monitor」で行う方が便利です。

プログラムメニュー

MySQLに対する操作はスタートメニューの[プログラム][MySQL]から行う事ができます。

menu01.gif
[MySQL Server 4.1]以下を参照して下さい
[MySQL Administrator]GUIツール(MySQL Administrator)を起動します
MySQL Administrator」を参照して下さい
[MySQL System Tray Monitor]MySQL System Tray Monitorを起動します
起動するとタスクトレイに常駐します
以下の「MySQL System Tray Monitor」を参照して下さい
[MySQL Query Browser]GUIツール(MySQL Query Browser)を起動します。
MySQL Query Browser」を参照して下さい


[MySQL Server 4.1]

menu02.gif
[MySQL Command Line Client]コマンドプロンプトでMySQLコマンドライン
クライアントを起動します
[MySQL Server Instance Config Wizard]MySQLサーバ設定ウィザードを起動します
[MySQL Manual - Table Of Contents]ブラウザでMySQLドキュメントを表示します


MySQL System Tray Monitor

スタートメニューから[プログラム][MySQL][MySQL System Tray Monitor]をクリックすると 、MySQL System Tray Monitorが起動し、タスクトレイにアイコン(下図:一番左のアイコン)が常駐します。

taskbar.gif

このアイコンの左上にはMySQLサーバの状態が表示されています(起動中は緑色の三角印、停止中は赤色の×印)。また、アイコン左側にはCPU負荷ゲージを表示する事もできます。

MySQL System Tray Monitorのアイコンを右クリックしすると以下のメニューが表示されます。

tray01.gif
[Shutdown Instance]MySQLサーバを停止します
[Start Instance]MySQLサーバを起動します
[Configure Instance]MySQL Administratorをサービス設定モードで起動します
[Monitoring Options][Ignore Instance State]オプション:
サーバの状態表示を中止します
表示はタスクトレイのアイコン右上にあります
[MySQL Administrator]MySQL Administratorを起動します
MySQL Administrator」を参照して下さい
[MySQL Query Browser]MySQL Query Browserを起動します
MySQL Query Browser」を参照して下さい
[Action][Manage MySQL Instances]オプション:
MySQL Administratorをサービス設定モードで起動します
[Monitor Options][Display CPU Load]オプション:
CPU負荷を表示します
表示はタスクトレイのアイコン左側にあります

[Launch Monitor after Login]オプション:
Windowsログイン後にMySQL System Tray Monitorを起動します
[Close Monitor]MySQL System Tray Monitor を終了します

サービス設定モード:
MySQLサーバが起動していない状態でサーバの各種設定ができるモードです。



最終更新のRSS Last-modified: Sat, 21 May 2005 14:35:47 JST (4567d)