Category:無題 2006-04-15

花は桜木、男は武士

「花は桜木、男は武士」。「漢」を「おとこ」と読ませて「花は桜木、漢は武士」とも書き、また「花は桜木、人は武士」とも言います。日本では、古来より花と言えば桜です。聞く所によると、「さくら」と言う花名は、日本書記にででくる国神「この花さくや姫」の「さくや」からきているそうです。どうして日本人は桜がこうも好きなのでしょうか?一斉に咲き、一斉に散る。しかも、いさぎよく散り、惜しまれつつ散る。「潔さ」は今でも日本人最大の美徳ではないでしょうか。

今日、家族で鳥取市内に遠出したついでに、桜を見て来ました。国道9号線で兵庫県から鳥取県に抜ける道中には桜の名所が2つあります。

  • 兵庫県新温泉町「泰雲寺のしだれ桜」
  • 鳥取県岩美町「JR大岩駅付近の1kmにわたる桜並木」

がそれです。天気はあいにくの雨模様でしたが、桜は美しく、特に「泰雲寺のしだれ桜」は何度見ても素晴らしい桜木でした。この桜木は、西日本最大の大きさで、樹齢250年を超えると言われており、兵庫県の天然記念物にも指定されています。機会があれば皆さんもぜひ一度、見に行ってみて下さい。

さて、毎年見る桜ですが、その年々によって、感じ方も変わります。今年は、桜を見て

「花は心の余裕」

と言う言葉を思い出しました。後でいろいろ調べて分かった事ですが、こんな言葉はありませんでした。その時、ふと自分で考えついたものか、あるいは、昔、誰かから聞いたものなのかは定かではありません。でも、良いのです。その言葉が無かったら作れば。「あるものは使う、ないものは作る」はエンジニアの基本ですから。

  • 花を見る心の余裕
  • 花を美しいと思う心の余裕
  • 花に水をやる心の余裕
  • 花を愛でる心の余裕
  • 花を育てる心の余裕

花を職場に置き、世話をするくらいの余裕がないと良い仕事はできないのではないでしょうか。皆さんの職場にも、花はありますか?

最近、職場で難題が相次いでいます。こんな時こそ、

「花一輪ほどの余裕」

が欲しいのです。


  • 鳥取に出掛けられる事はよくあるのですか?懐かしいです 砂丘って 『えっ こんな道路沿い?』なんですよね 一度だけでもいいからタイムスリップしたいです y2社長 願いを叶えてください 作ってタイムマシン! 夏のお願いでした -- 読者 2006-08-16 11:32:31 (水)

最終更新のRSS Last-modified: Wed, 12 May 2010 09:00:51 JST (2691d)